死亡保険の保険料は保障の金額で変わるので高額の保障になると保険料も高額になるので気をつけないといけない

死亡保険の保障額と保険料

死亡保険の保障額と保険料

死亡保険は保障の額で保険料が変わる

結婚したり家を買ったりした時に死亡保険に加入する人も多くいます。この保険の保障内容は加入者が死亡した時に契約した金額が支払われるのですが契約する金額はそれぞれ違います。死亡時に高額の金額を受け取ることも契約すれば可能ですが必要以上に高額な保障金額だと保険料もかなり高くなりますし保険会社にも不審に思われてしまうことがあります。実際に色々な保険金詐欺もありますし保険金目当ての事件も起こっています。どれくらいの保障金額が妥当なのかというと住宅ローンがある場合はローンの金額に少し上乗せするぐらいが妥当だと思います。高額な保障を希望することもできるのですが毎月支払う保険料もかなりの高額になってしまい支払いが大変になってしまいます。この保険に加入する時は保険会社の人が加入者にとって妥当な金額を提示してくれることも多いので解らなければ聞いてみたほうが良いです。他にも気をつけないといけないことがあるので加入する時に詳しく説明してもらうことをオススメします。保障の金額の他に気をつけないといけないのが免責事項です。ほとんどの保険で内容は同じなことが多いのですが期間などの細かい部分が違うことがありますので必ず加入時か加入する前に確認しておいたほうが良いと思います。この免責事項は免責の内容と同様のことがあった場合は保険金が支払われないというものがほとんどです。免責の内容で最も多いのは加入から一定期間内に自殺した場合に保険金が支払われないというものです。短いと2年ぐらいですが保険の内容や保険会社によっても違います。詳しいことを確認しないで加入して万が一の時に保険金を受け取ろうとしても免責事項に違反していたりして受け取れないこともあります。万が一の時は残された家族にとって保険金はとても大きな支えになるので受け取れないということがないようにしっかりと確認して知っておかなければいけません。また加入してから長い期間が過ぎてしまうと加入していたことを忘れている人もいると聞いたことがあるので加入した時は忘れずに保険証券を解りやすい所に入れておくほうが良いと思います。


Copyright(c) 2014 死亡保険の保障額と保険料 All Rights Reserved.